スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節炎と装具

8歳になったジョジョは
重い関節炎になってしまいました。
実は1年前からその兆候はあり、整形外科に強い獣医さんからも注意を促されていたのですが、
原因は事の重大さに気づいていなかった私のミスです。

忘れもしない節分の日のこと。
いつもどおりにお散歩して
いつもの公園で軽くボール遊びをしました。
もう帰ろうかというときに、突然ジョジョが
キャン!と言い、跛行し始めました。
左の後脚です。
もうそれから脚を着くことができず
3本脚で励ましながら家まで帰りました。
すぐに病院へ行きました。
おそらく、半月板はほとんど機能していない状態で靭帯も損傷しているだろうということでした。
消炎剤と鎮痛剤を処方され、安静を言い渡されました。

最短のトイレ散歩だけの一ヶ月。
どれだけストレスになるかと案じていましたか、本人はそうでもないらしく、ご機嫌にしていてくれました。
しかし一ヶ月を経ても、跛行は治りませんでした。

そこで先生から提案されたのが装具です。
ジョジョの場合、手術をしてどうこうということではなく上手く付き合って晩年を過ごしていったほうが良いのではないかということで、また痛くなったりすることをなるべく防げるように、サポートと保護ができるものを作ってはどうかと。

じゃん。

TM-Revolutionかのようですが。笑

ニンゲンは膝が痛ければ、すぐにサポーターを買い求めることができますが、犬はそうはいかず、採寸してからのオーダーメイドです。
おかげさまでサイズはびったり。
出来上がったのは3月末でした。
悪いほうの膝についている金具がポイントです。
この金具で、曲げたくない角度にはならないように調節ができます。

それからしばらくは装着してのお散歩になりましたが、気温の上昇に伴いハーネスのみにしました。
黒くて暑いので。

大好きだったボールのレトリーブもできなくなりました。
いや、やらせればできるのですが、またいつ跛行するのではないかと思うと封印せざるを得ません。

目下の目標は体重を落とすことです。
運動することで体重を維持してきましたが、これまでのようには行かないのでなかなか難しいです。


とはいえ、本人はとても元気!
これは2月に始まったことですが、9月現在ではパッと見たら脚が悪いとは
わからないくらいになりました。
漢方やら温熱器やら注射やら、いろんなことをしたので
総合的に効いたのだと思っています。笑

砂浜や足場の悪い岩場などは避け、できるだけやわらかい土の上でお散歩。
これからは寒さにも気をつけていかねば。




にほんブログ村 犬ブログ ワイマラナーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

プロフィール

つむじ

Author:つむじ
GioGio&Meへようこそ!
愛犬ジョジョと私の日々の記録です。
コメント・メッセージなど、どんどんお願いします!

毎日がスペシャル

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。