スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロという名の猫

今月、会社が移転することになった。
移転先はとても広くなり、私は家からも近くなる。
準備と移動はそれなりに大変ではあるが、楽しみでもある。

ただ一つの気がかり以外は。

それは彼女のことだ。

最初こそ、恐る恐る近づいてきたものの
社内に確固たる地位を築くのに、時間はかからなかった。

コロ1

ボスは『コロ』という名をつけた。
誰にでも愛想がよく、来客があると近寄って膝に乗ったりもして
いつの間にやら「店長」という異名もついた。

コロ2

私は生粋の犬好きで、猫にはこれまで縁がなかった。

いつでも真っ直ぐにこちらを見ている犬に比べると
気が向かないと相手にしてくれない猫の魅力は
正直わからなかった。

しかし、仕事に疲れて ふと横を見ると、のんびり寝ている
その姿を見ているだけで、緊張の糸はほぐれたし
柔らかい被毛を撫でていると、気持ちまで柔らかくなるようだった。

コロ3


トイレとゴハンの時間には、そっと部屋を出て行って
用が済むと、ドアの前で鳴いて「開けて」と言う。

コロ4

24時間を共にしなくても、意思の疎通は容易になった。


さて、移転先は片側3車線の国道沿い。
慣れない場所で、車に轢かれでもしたらどうしよう。
猫はテリトリーが狭いと聞くし。

思い悩んでいた頃、ちょうど車の不具合で来店されたYさん。

「店長、良かったら ウチで引き取ろうか?」

Yさんとは旦那さんが出張の時に、呑みに行ったりする仲。
ペットに対する価値観も、信用度合いもこれ以上ない人だ。

有難い申し出だった。

Yさんなら、安心してお願いできる。

コロちゃんを迎える家の中の準備を終えたYさんは、
昨日、コロちゃんを迎えに来てくれた。


コロちゃん首輪

Yさんは、コロちゃんに似合う可愛い首輪も持ってきてくれた。

これまで使っていたゴハンのお皿やブラシ、爪を研いでいたマットなど
全てをお渡しした。

数日の練習の甲斐もあって、ボスが買ってくれた移動用のバッグにも
すんなり入ってくれた。

コロちゃんバッグ


さよなら、コロちゃん。
そのままでいいから、そのまま、いい子でね。
2年間かな。ありがとう。
猫のいいところ、たくさん教わった。

コロ@カブ


コロちゃんの乗ったプジョー306カブリオレを見送りながら
ウォータープルーフのマスカラにしてこなかったことを悔やんだ。


それまでコロちゃんを驚かさないように、やめておいた大きな物の移動を始めた。

ガランとした事務所のすみに、小さいダンボールがあった。

一瞬、コロちゃんかと思った。

ドアの向こうから、「開けて」の声が聞こえる気がしてしまう。


私は、保護したペットの一時預かりさんは、きっとできないだろうな。


昨夜、コロちゃんの夢を見た。

なんて単純なんだろう。私。

Yさんのお宅で、幸せそうに眠っている夢だった。


今朝、Yさんからメールがきた。

心配だったトイレもちゃんとできて、ゴハンも食べて
元気だって。

本当に良かった。夢に見たとおりだ。


これで心置きなく、この地を後にできる。





にほんブログ村 犬ブログ ワイマラナーへ
にほんブログ村

引越し準備がクライマックスの為、コメント欄を閉じます。












プロフィール

つむじ

Author:つむじ
GioGio&Meへようこそ!
愛犬ジョジョと私の日々の記録です。
コメント・メッセージなど、どんどんお願いします!

毎日がスペシャル

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。